旅行ノウハウ

【軽キャンピングカー旅】格安レンタル・トイレやお風呂はどうしてた?!

こんにちは、移動する同棲生活のまい(@maimai_221)ですっ!

このあいだ軽キャンピングカーを借りて、1週間ふたりで生活をしてみました。

最初、しゅん(彼氏)に軽キャンピングカー借りたいって言われたときは断固反対しました。(笑)

それでもやった結果、楽しかったのはもちろんですが、真昼間の公園で歯磨きをする日がくるとは思いませんでした。

キャンピングカー旅って、おしゃれにアウトドアを楽しめてわくわくするイメージだけれど、あらためてメリットとデメリットを感じました。

今回この記事では、

・軽キャンピングカーの値段&レンタル方法

・軽キャンピングカーのメリット&デメリット

・彼女を軽キャンピングカー旅行に連れ出す方法

をお伝えしますっっ!!!
それではどうぞ!

軽キャンピングカーをレンタルする方法&値段

まずは軽キャンピングカーの値段。

軽キャンピングカーの値段をネットで調べてみると、1日7,000円台が相場な印象。

ですが、わたしたちは1日4000円台でレンタルできました。

私たちが軽キャンピングカーをレンタルしたのは、Anyca(エニカ)という個人間で車を貸し借りできるサービス。

レンタカー会社で借りるよりもかなり安く借りることができました!

アプリで予約&やり取りできるから手続きとっても楽ちん。

そして、レンタカー会社と違って当日借りる車種が決まってるから、借りたい車にこだわりがある人にもおすすめ。
気になる保険も一緒に申し込めるので安心。

ぜひ使ってみてくださいっ!

軽キャンピングカーでの宿泊先って?

首都圏でなければ、駐車無料の道の駅やキャンプ場などがおすすめ!

なのですが、わたしたちは仕事の都合上で東京で1週間生活することに。
もちろん都内に周射場付きの道の駅やキャンプ場はないです。

困った私たちが使っていたのは、akippa(アキッパ)という駐車場の予約サービス。

スマホだけで予約完了できて、空いている駐車場が無い!なんてことも回避できました。

今回初めて使ったのですが、トラブルもなくとてもスムーズで快適♪

車を使った旅行のときにも使えそうなので、これからも頭の片隅にいれておきたいサービスのひとつ!

カップルでの軽キャンピングカーのメリット


ここからは私たちが軽キャンピングカーを使ってみて感じたメリットをお伝えします!

カップルにおいての軽キャンピングカーに乗る一番のメリットは、やっぱり格段にいつもとは違う体験ができることですね。

メジャーなデートスポットに行ってお泊りするよりも、軽キャンピングカーでドライブして行先で車内泊する方がいつもと違ってわくわくするし、盛り上がります。

ましてや、マンネリ化しやすい同棲カップルにとっても軽キャンピングカーで生活するだけで、食事や就寝タイムなどの日常生活が非日常に早変わり!

軽キャンピングカーという非日常体験で、良い気分転換になるはずっ!

カップルでの軽キャンピングカーのデメリット

軽キャンピングカーの最大のデメリットは、水まわりに困ること!これにつきる!!(笑)

大きめのキャンピングカーにはトイレがついてることもあるんですが、軽キャンピングカーはトイレおろか洗面所もないです。

なので、歯磨きも洗顔もしたいときにすぐできません。お風呂も近くの銭湯か温泉だけ!

ちなみに私たちはお風呂は銭湯で、朝の歯磨きなどは公園でしてました(笑)

まい
まい
ストレスからか、車返す時にはニキビ2個できたことは秘密

男性でも不便と感じると思うんですが、とくに女性は化粧落とす時など男性よりももっと水まわりの必要度は高いはず。

そのためいろいろ我慢に感じちゃうんです。

それに彼氏の前なら、なおさら可愛い状態でいたいし清潔な状態を保っていたいもの。

とくに女性は男性よりもさらにストレスに感じる瞬間が多いと思います・・。

彼女を軽キャンピングカー旅行に連れ出す方法

軽キャンピングカーのメリット・デメリットが分かった上で、おそらくほとんどの女性は絶対に行きたがりません(笑)

軽キャンピングカーで旅行となると、多くの女性は普通の旅行よりどう考えても過酷なことにすぐ気が付くので、すんなりOKとはならないはず。

しゅん
しゅん
おれも提案したら食い気味に「やだ」って言われた

なので、カップルでキャンピングカー旅をすることに成功した私たちから、彼女をキャンピングカー旅に誘い出す方法はズバリ、押して押して押しまくる。

「それだけかい」って思うかもしれないけど、ほんとにこれしかないですww

わたしがキャンピングカーに乗ったのは、断れるほどの決定的な理由がなかったからです。

ということは、キャンピングカーのどこが嫌だから乗りたくないっていう明確な根拠がないということ。

なので、
彼女が嫌がっている理由を根気強くひとつずつ解決していけば、キャンピングカーへの道はひらくっ!

まい
まい
押しに負けて軽キャンピングカー生活をしたこのわたしでも、なんだかんだ楽しめました

みなさんも、ひとあじ違った思い出をつくってみてはいかがでしょうかっ!
それではまた♪